ケチな私がした大きな買い物

Posted By on 2016年5月20日

「浪費家のくせにケチ」という特徴のある私が今までの人生で一番お金を払う時に勇気がいった買い物というか支払いは、結婚式に付随する各種代金と新婚旅行代です。

結婚式に憧れは抱いていましたが現実は結構シビアに金額が迫ってきました。とにかく、一つ一つに当たり前ですが代金が掛かります。
招待客に出す招待状代だけでも数万円で段々金銭感覚が狂ってくる気分に陥ったものです。際限なくオプションを付けていたらとんでもない事になる時が付いてテーブルに飾るお花などの変更をしたりしましたが、招待する方にお出しする料理やお酒などは絶対にケチりたくなかったので結構良いコースのものにしました。
なぜなら、自分が出席した結婚式がもう20代半ばになると10回以上ありましたが
大体料理をケチっているか豪勢にしているかはこちらには分かるからです。

そして、私が食いしん坊だからかもしれませんが、その結婚式の印象は8割がた料理や飲み物で決まったからです。
でも、そこの金額が一番全体に響いてくる額だったので結構な金額になりました。

結婚するまで浪費家だった私には勤続年数の割りに貯金が少なすぎました。ですから、夫となる人が多く出してくれてはいたのものの、このままだと自分の貯金は全部なくなる勢いの代金でした。

それに、結婚式とほぼ同時期に旅行代理へ行って新婚旅行の申し込みもしていたのです。これが外国であり新婚旅行という事で、通常よりも割高なプラン(ホテルなどのランクが良い)にしてあるので2人で行くのにかなり高額な金額が掛かったのです。夫になる人は、こんなもんだろ、みたいな態度でしたが私は内心高い!!高すぎる旅行にこんなに払いたくないと言う気持ちが強かったです。

元々、あまり旅行は好きじゃなかったのでそんな気持ちになったのかと思います。

旅行代理店の方は、夫になる人がお金を払ってくれたので余計に結婚式の方は3分の一くらいは負担した方が良さそうな雰囲気でした。その3分の一が私の全財産なので支払いの時はとても勇気がいり少しでも得をしたくてクレジットカードのポイント狙いでクレジットカードを使おうとしたのですが悲しい事に限度額が足りなくて限度額を上げてもらう時間が無かったので現金で支払いました。

結果どちらもいい思い出になりましたが、本当に結婚するのってお金がかかるなと泣きたくなりました。

結婚後の生活はその当初思い描いていたものとは程遠く、お金に苦労してばかりです。専業主婦になってからは自分の欲しいものも買えず、ストレスはたまるばかりです。この間は、主人に黙って専業主婦でも借りられるカードローンを利用して、バッグを購入しました。たまにはいいでしょ!って自分に言いきかせています。

※参考サイト・・・・今すぐお金を借りる※どうしても今日中に必要!こんなときどうする?

About the author

Comments

Leave a Reply

CAPTCHA